できるだけ午前中にしておきましょう

学生が工場のバイトに応募する際に、最近ではメールで面接の予約を行えるところがあります。その場合は、特に時間を気にする必要はありません。ところが今でも電話で受け付けている工場が大半で、かけるタイミングを間違えると、悪い印象を与えてしまいかねないです。そこで適切な時間帯に面接の予約の電話をかけるようにしたいのですが、基本的には午前中にするのが無難です。ただし始業開始直後と思われる午前九時は避けておきましょう。スタッフ全員に指示を出したり、取り引き相手からのメールチェックをしたりと、責任者は何かと慌ただしくしているからです。そのため午前十時以降にかけるのが良く、工場の仕事は一度動き出すと、責任者は比較的時間に余裕ができることが多いです。

知っておくと便利なこと

三交代や二交代制の工場だと、午前中に電話をかけても良いのか迷う場合があります。そのような時でも午前十時ごろに電話をかけて問題ありません。一般的に電話をかけても良いとされる時間帯であれば、非常識と思われることは少ないです。そしてたいていの工場では、日曜祝日は休みになっています。仮に誰かがいたとしても、取り引き先からの電話を受けるための事務員さんである可能性が高く、かけ直すように言われるでしょう。ただし例外なのは、求人広告に電話をかける時間帯が指定されているケースです。責任者が深夜勤務の場合、午後十時以降などと書いているのです。その場合は必ず指定の時間帯を守るようにしましょう。もしもその時間帯に電話できないのなら、別の工場バイトを探す方が良いです。