面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておこう

工場のバイトの面接で必ず聞かれるのは志望動機です。工場側は、真面目に長く働いてほしいと思っています。「家から近い」「シフトに入りやすい」など、なぜその工場が働きやすいのかを伝えましょう。「目的のためにお金を稼ぎたいと思っており、時給が高いため」「細かい作業が好き」など自分の志向と合致していることを伝えるのもよいでしょう。
このほか、シフトに入れる回数や深夜や早朝の勤務ができるかなどもよく聞かれる質問です。無理してたくさんのシフトを入れる必要はありませんが、柔軟な対応ができることはアピールしましょう。通勤時間や、立ち仕事など仕事の環境に対応できるかなども聞かれます。
面接当日は自分なりに、これらの質問に対する答えを用意して臨みましょう。

面接当日のマナーを守ろう

学生アルバイトの面接なのでスーツを着る必要はありませんが、派手なデザインのTシャツやダメージジーンズなどカジュアルすぎる服装は避け、清潔感のあるシンプルな服装を心がけましょう。工場の仕事ではアクセサリーやネイルは禁止されていることがほとんどなので、面接の際も控える方が無難です。清潔感を出すために、長い髪はまとめておきます。 面接当日は履歴書の書き忘れのチェックや、持ち物の確認を怠らないようにしましょう。工場のバイトの面接に限ったことではありませんが、面接の時間には余裕を持って出かけることが大切です。少なくとも面接の5分前には到着し、身だしなみを整えます。椅子には姿勢よく浅めに腰かけ、質問には大きめの声ではきはきと答えましょう。